【対人援助に役立つセルフケア体験セミナー】を受講して

こんにちは、PrimoPasso(プリモパッソ )のよりざわです。

今日は5月9日に開催された「対人援助に役立つセルフケア体験セミナー」についてご報告させていただきます。

今回は、申し込み者様が300名を超えるなか、先着順で30名の参加者様にLIVEで参加いただきました。録画参加者様、今回はLIVE視聴ではお会いできませんでしたが、録画参加者様のために梶井先生が資料を作成してくれています。ぜひご覧くださいませ。

午後のマインドフルネスでは、瞑想の中で、さまざまなことに気づく体験ができました。藤本先生のガイドがとっても心地よく、すっと耳に入ってきました。最後のワーク(楽しみにしていてください)では、スタッフが書いたのを盗み見したところ、立派な心理師になりたい、といった野心がうかがえ、心があたたかくなりました☺️

フォーカシングのワークについて、今回は「こころの天気」のワークをしました。スタッフのワークやシェアを共有させていただきます。

シェアリングの内容「まずは今日は気持ちがスッキリしているなとの感じがあったので空を描きました。ただ、穏やかな感じのあるスッキリさだったので雲を多くしました。また、最近忙しく、心が空虚な感じがしているので、それを表す感じとしてビルを描きました。最後に、コーヒーを飲んで一休みできる場所が有ればいいなと思い、休憩できる場所を書き足してます」

スタッフの絵やイメージがとても素晴らしいと感じ、そのように伝えました。フォーカシングもほっこりする体験でした。

他の参加者さまの感想も掲載させていただきます。録画視聴はまだ受け付けておりますので、もしよろしければ、遊びにいらっしゃってください。

(ご感想)※研修後アンケートにHPへの掲載をご了承いただいた方のみ掲載しています。

・フォーカシングとマインドフルネス,共通して気付きと距離感の面白みを感じました。

・フォーカシングでは自分が体験することの大切さが良く分かりました。心の天気を描くワークで、最初は20分は長いと思いましたが、自分の中の感覚を見つめようとするうちに重なっていく色と色鉛筆を握る自分の指が自分の意思を離れて動いていくようで、長く感じませんでした。また、「心と体が求める20のこと」は、思い浮かぶままに書いていきましたが、シェアリングの段階で相手の方と語り合ううちに、これだったんだ!と自分が求める感覚に気づきました。多少分析的になってしまいましたが。

・フォーカシングやマインドフルネスは初めて体験したのですが、最後の呼吸のマインドフルネスは20分もやっていたのかというくらい時間がたつのが早く、驚きました。午前、午後とも自分がリフレッシュできたよい研修となりました。またセルフケアトークも新しい、発想の手がかり(普段やっていることを無理なく増やす)を得ることができてよかったです。

そうそう、岡村さん✨✨のセルフケアトークも好評でした。3名の先生は、それぞれの視点をもっておられ、その視点に触れることで自分のセルフケアの視野も広がっていく、そんな研修でした。

どうもありがとうございます💕

お申し込みは以下より、受け付けています♪

https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2671

関連記事

  1. メンタルライフサポートPrimoPasso はじめの一歩を応援します

  2. 【Web研修】高齢者支援・ケアに活かせるオンライン回想法の体験型WS

  3. プリモ日記のメンバー紹介

  4. 【オンライン研修】対人援助職のための性被害支援の基礎セミナー

  5. オンライン研修:ソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーWSにつ…

  6. プリモ日記を開始します

  7. 【オンライン研修】発達障碍のある人と共に育ち合うための専門家セミナー(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。